4年国語「一つの花」の中心人物は「ゆみ子」か「お父さん」か?

コロナ禍で授業時数が削減される中、駆け足で「アップとルーズで伝える」と「一つの花」の授業を終えた。

読むことの授業はオンラインではなかなか難しい。

教室で1つの文章をみんなでじっくり読み、考えを交流する。その共有体験があってこそ、読むことが面白くなるはずだ。

休校が明けて、教室で説明文1つ、物語1つ、読むことの授業ができたのはよかった。

「一つの花」の授業展開は、昨年に続いて「授業のユニバーサルデザインを目指す国語授業の全時間指導ガイド」(東洋館出版)を参考にした。


 

 

 

 

 

 

単元の流れは次の通り。

“4年国語「一つの花」の中心人物は「ゆみ子」か「お父さん」か?” の続きを読む

紫陽花

先々週の週末。

 

井の頭公園を歩いていて、

 

紫陽花を見つけた。

 

 

 

 

今年は気が付くともう6月。

 

例年と時間の経つ感覚がちがうなぁ。。

 

5月は在宅勤務の日々

5月31日までの緊急事態宣言下で、在宅勤務の日々。

在宅で行う仕事のメインは、授業の動画づくり。

オンラインで配信するためだ。

“5月は在宅勤務の日々” の続きを読む

コロナにかからないように今やっていること

この2カ月で世界は激変しました。

人類が本当の意味でひとつになるための強制リセットが入ったようです。

もうコロナ以前の世界には戻れない可能性を強く念頭に置きながら、次の時代への準備をしなければなりませんね。

 

さて、今の最重要課題はとにかく「命を守ること」です。

1つ1つの行動の選択が命に関わるといっても過言ではありません。

“コロナにかからないように今やっていること” の続きを読む

神田昌典さん緊急メッセージ

今朝のブログで触れた神田昌典さんの緊急メッセージはこちら。
        ↓↓

“神田昌典さん緊急メッセージ” の続きを読む

4年生道徳「神田昌典」(I will live.I choose to be happy.)

今年度も、あとは3月24日の修了式と、25日の卒業式を残すのみ。

そこでレビュー的に今年度の実践を1つ紹介。

4年生の道徳「I will live.I choose to be happy.」

経営コンサルタントで作家の神田昌典氏を題材にした、オリジナルの道徳教材である。教材をつくったのは、もう6年前のこと。

“4年生道徳「神田昌典」(I will live.I choose to be happy.)” の続きを読む

2020年2月2日。東京都美術館特別展「ハモスホイとデンマーク絵画」に行ってきた。

冬休みに、たくさん仕事をしておいたおかげで、今年度になって初めてと言っていいくらいの時間的ゆとりのある日々。そこで先週末の休日も美術展に足を運ぶことに。上野まで行き、「ハモスホイとデンマーク絵画」展を観てきた。

  “2020年2月2日。東京都美術館特別展「ハモスホイとデンマーク絵画」に行ってきた。” の続きを読む

国立新美術館企画展「ブダペスト―ヨーロッパとハンガリーの美術400年」に行ってきた。

年末年始も忙しくしていたので、今日が2020年の鑑賞初め。

六本木の国立新美術館に行ってきた。

“国立新美術館企画展「ブダペスト―ヨーロッパとハンガリーの美術400年」に行ってきた。” の続きを読む

「第26回 国語授業づくりセミナー」(筑波大学附属小)に参加してきた。

勤務校は今日から冬休みに入った。

冬休み初日の今日は4ヶ月ぶりに茗荷谷へ。

恒例の「第26回国語授業づくりセミナー」に参加してきた。

“「第26回 国語授業づくりセミナー」(筑波大学附属小)に参加してきた。” の続きを読む

束の間の休日

仕事用具一式もって外出したものの、今日は仕事をする気になれず。

明日がんばろう。。。